ポケトーク流 学習法

ポケトークの機能を使って、次のような学習ができます。

1.翻訳させる

その言語で言いたい内容をポケトークに翻訳させる。

2.反復練習

翻訳された文を繰り返し聞いて発音練習しながら覚える。

3.仕上げ

その言語で発音して正しく認識されたか確認する。

ポケトークに翻訳させた表現をお気に入りに登録して、マスターしたら削除するようにするとさらに効果的です。

ポケトーク流学習法のメリット

学習機会が増える

ポケトークの操作は、勉強というよりゲーム感覚。だから気軽です。
いつでも、どこでも、単語でも文章でも 「これどう言うんだろう?」がすぐわかるので、自然と学習機会が増えます。

辞書としてのポケトーク

74言語の辞書が1台になったようなポケトークなら引かずに口でいうだけのお手軽さ。一部の言語の翻訳結果はテキスト表示のみです。詳細は「 対応言語一覧 」をご確認ください。

例文集としてのポケトーク

これどう言うのか、が一発。
一言一句ぴったりの、
どんな例文集にもない便利さ。

発音の練習もできる

CDのついた書籍では、何度も繰り返しリスニングできますが、いくら発音の練習をしても、判定はしてくれません。 ポケトークならその言語として認識されたかどうかがわかります。

恥ずかしくない

ポケトークなら、1人で納得のいくまで徹底して練習できます。 知りたい表現をいくらでも聞け、何度でも繰り返して発音練習ができます。

学習目的がより明確になる

ポケトークを使った学習では、その言語で話したいことを、日本語の文で具体的に話さないと始まりません。 だからこそ、どんなことを話せるようなりたいのか、が問われます。その結果、自ずと学習の目的や目標がより明確になります。

効果的な学習のために

思いつきでポケトークに知りたい表現を翻訳させるのも良いですが、
言いたいこと、話せるようになりたいことを、実際に書き出して整理して計画的に進める方が、効果的に習得できます。

接客

例えば、必ず言わないといけないこと、お客様からよく聞かれることをまとめましょう。

プレゼンテーション

挨拶、自己紹介、プレゼンテーションの内容、謝辞など、イメージするプレゼンテーションのシナリオを描くとリアルな練習ができます。

交流

上の2つと異なり、人さまざまですが、どんな人達と交流したいのか、そのためにどんなことを話すと良いのかどんな質問したいのかなどを具体的に書き出しましょう。

基礎から学ぶなら、ロゼッタストーン

これまで習ったことのない外国語の場合は、「ロゼッタストーン」をお奨めします。 全24言語をカバーし、1つの同じやり方で学ぶ世界的な語学プログラムです。 日本語を一切使わず、写真を見て、発音を聞き、綴りを見て、質問に答えたり、自分の口で発音するという、 私たちが日本語を身につけたのに近いやり方で、その言語に素早く反応できる訓練をします。

ご利用はロゼッタストーンライブラリーから

いつでも、どこでも、効果的に

ロゼッタストーンの学習プログラムは、インターネット上の語学プラットフォーム「ロゼッタストーン・ライブラリー」にあり、パソコン、スマホ、タブレットで、いつでもどこでもレッスンできます。またロゼッタストーンで培った基礎力をさらに強化していけるよう、ロゼッタストーン製品以外の幅広いコンテンツを揃えています。

ロゼッタストーン

専用アプリでさらに効果的

ポケトーク専用の無料の発音練習プログラム「POCKETALK Link」もロゼッタストーン・ライブラリーから使えます。 ポケトークの翻訳結果を取り込み、選んだ文を発音すると、世界的な語学ソフト「ロゼッタストーン」の発音判定機能が瞬時に善し悪しを判定します。

POCKETALK Link