医療用語は訳せる?

体調を崩した時に、症状を的確に説明できる自信はありますか?
日常会話より専門的な単語も多く、難易度が高いのではないでしょうか。
今回は、医療用語をどこまで訳せるか、検証します。

風邪をひいた場合

まずは、基本的な往診でよく使われる、風邪の場合の表現を翻訳してみます。

「昨日の夜から38.5°の熱があります。」
I have had a fever of 38.5 ° since last night.


「咳や鼻水などの症状はありますか?」
Do you have symptoms such as coughing or runny nose?


「3日前から咳が止まりません。」
I haven't stopped coughing for 3 days.


「粉薬と錠剤はどちらがお好みですか?」
Which do you prefer, powder or tablets?

いずれも正しく翻訳され、風邪のコミュニケーションは
問題なく意思疎通できそうです。

専門的な用語や症状の場合

もう少し難しい専門用語は翻訳できるか試してみます。

「花粉症の症状が酷いです。薬を処方してほしいです。」
The symptoms of hay fever are terrible.
I want you to prescribe medicine.


「以前椎間板ヘルニアと診断されましたが、最近また腰が痛いです。」
I was previously diagnosed with a herniated disc,
but recently I have a backache again.


「扁桃腺が腫れて声を出すことができません。」
My tonsils are swollen and I can't speak.


「水疱瘡のような症状が出ています。」
I have chickenpox-like symptoms.

花粉症、椎間板ヘルニア、扁桃腺、水疱瘡、といった
普段なかなか使わない難しい英単語も、しっかり翻訳できました。
これがあれば海外旅行でも、外国人患者の往診でも、幅広く使えそうです。

ワクチン接種時の質問の場合

新型コロナワクチンを接種する際に
気になる質問として、いくつか翻訳してみました。

「持病があるのですが、薬を飲んでても
ワクチンを受けることはできますか?」
I have a chronic illness.
Can I get the vaccine even if I take medicine?


「アナフィラキシーではどのような症状が出ますか。
治療法はありますか。」
What are the symptoms of anaphylaxis? Is there a cure?


「まず、アドレナリンという薬の注射を行ないます。
その後、症状を軽くするために気管支拡張薬などの
吸入や抗ヒスタミン薬、ステロイド薬の点滴や内服なども行ないます。」
First, an injection of a drug called adrenaline is given.
Then, inhalation of bronchodilators,
infusions of antihistamines and steroids,
and oral administration are also given to alleviate the symptoms.

気管支拡張薬、抗ヒスタミン薬など、難しい単語も英訳されています。
少し長い文章になっても問題ないようです。

問題なく翻訳できた

病気や怪我などで不安なときに、言葉の壁があるとさらに不安になりやすいですよね。
そんな時にもポケトークがあればとても心強いです。

検証テーマ募集中

こんなことも出来る?という検証テーマがあれば、ぜひお気軽にお寄せください。
製品担当がすべて確認させていただき、次回の検証テーマの参考にさせていただきます。

ありがとうございます

検証テーマのリクエストをいただき、ありがとうございます。
実施を検討させていただきます。

記事一覧に戻る