同綴異義語は訳せるか?

同綴異義語とは、同じ綴りでありながらまったく異なる意味を持つ単語のこと。
例えば、日本語だと「市場(しじょう)」と「市場(いちば)」、「大人気(だいにんき)」と「大人気(おとなげ)」などが該当します。
文脈に合わせて意味を判断する必要がありますが、今回はポケトークが英語の同形異義語をどの程度、正しく翻訳できるのかを検証します。

プルアップは「懸垂」?

早速、ポケトークに以下の文章を話してみました。

I can do a pull-up.
「懸垂ができる」


Please pull up by the sidewalk.
「歩道に寄せてください」

文脈に合わせて正しく翻訳されました。
まったく違う意味ですが、ポケトークはこれを自動で判別しています。

「close」のニュアンスも翻訳できる?

続いての単語は「close」です。「近い」という意味のほか、
動詞として使う場合のニュアンスも翻訳できるか確認してみます。

Can you close the door?
「ドアを閉めてくれないか?」


Let's close this deal.
「この取引を終わらせましょう」

どちらも閉じるニュアンスですが、
ポケトークは文脈に合わせて翻訳結果が変えています。

難易度の高い「Right」

日本人は「Right」と「Light」を聞き分けるのが苦手と言いますが、
「Right」1つにしても複数の意味があり難しい単語の1つです。正しく翻訳できるか、見てみましょう。

I have the right to an attorney.
「私には弁護士の権利があります。」


What is the right choice?
「何が正しい選択なのか?」


Can you take a right turn at the next traffic light?
「次の信号を右折してくれませんか?」

ポケトークはrightの持つ異なる意味である
「権利」「正しい」「右」をそれぞれ正しく翻訳できました。

難なくクリア

3つの同形異義語を試しましたが、どれも文脈に合わせて正しく翻訳しています。
ポケトークの翻訳精度の高さを実感できる結果になりました。

検証テーマ募集中

こんなことも出来る?という検証テーマがあれば、ぜひお気軽にお寄せください。
製品担当がすべて確認させていただき、次回の検証テーマの参考にさせていただきます。

ありがとうございます

検証テーマのリクエストをいただき、ありがとうございます。
実施を検討させていただきます。

記事一覧に戻る