商談資料は訳せる?

海外企業と商談や、展示会の際にいただく資料が英語版しかない場合って意外とありますよね。
紙でしかもらっていないと、パソコンやスマホで意味を調べるのも一苦労だったりします。
今回はポケトークのカメラ翻訳機能を使って、英語の資料をどこまで訳せるか、検証します。

クレステック様の会社案内で検証

クレステック様は、マニュアル制作から販売までのトータルサービスを世界的に展開されている会社です。
ポケトークの海外展開にもお力添えいただいています。
今回は、クレステック様からいただいたクレステックタイの英語版の、検証を進めていきます。

まずは、「会社概要」を確認

カメラ翻訳を起動して、翻訳したい箇所の写真を撮ります。
文字が小さくて画像だと見にくい場合、読みたい場所をタップすると、その枠だけ拡大して表示できます。
また、音声でも再生できます。

翻訳結果

会社概要
1984年に設立されたクレステックグループ(浜松本社)は、グローバル市場で幅広いサービスを提供できる合理化された組織を提供するために、世界中で事業を拡大してきました。Crestec(Thailand)は、高水準の日本の品質と高度な技術を活用することにより、ASEANビジネスの中心地のグローバルリーダーとして1995年に設立されました。 今日、私たちは11か国、世界31カ所で卓越したサービスと支店を持つ何千のも企業とつながることができて光栄です。

「ASEAN」のような英語略語も、アルファベットの大文字のままで
正しい翻訳が出来ました。少し不自然な言い回しもありますが、概ね意味はわかるレベルで翻訳できていると思います。

専門用語を含む「業務内容」は訳せる?

難しい専門用語を含み、文章ではなく短めの箇条書きですが、どこまで訳せるのでしょうか。

翻訳結果

有形サービス
印刷
CTP(コンピューターからプレートへのオフセット)
オンデマンド印刷(カラーと白黒の両方)
デジタルオフセット
カートン印刷(フレキソ印刷とオフセット印刷)
パッケージング
地元の好みに合う社内のクリエイティブデザインチーム
地元の素材を使用したパッケージ提案
大量生産のための提案・デザイン

フルフィルメント
レンタル倉庫
在庫管理
非常勤マニュアルの配布・出荷
販売促進(ソースネクストによるポケトーク)

b/wが白黒の両方と訳されているなど、
細かいところまでしっかり翻訳できています。
ただ、aftermarketが非常勤と訳されているなど、惜しい点もありました。

ほぼ自然な日本語に翻訳できた

箇条書きや改行がなくなり読みにくくなっていますが、内容はほぼ自然な日本語です。
Print on demand→オンデマンド印刷 など、専門用語もうまく翻訳できています。
ポケトークは業務の効率化にも貢献できそうです。

検証テーマ募集中

こんなことも出来る?という検証テーマがあれば、ぜひお気軽にお寄せください。
製品担当がすべて確認させていただき、次回の検証テーマの参考にさせていただきます。

ありがとうございます

検証テーマのリクエストをいただき、ありがとうございます。
実施を検討させていただきます。

記事一覧に戻る